頭蓋模型

症状について

はい、このページでは、よくご相談のある症状や、ある程度の対応が可能な症状などを挙げております。

・よくご相談のある症状

・頭痛(めまい、ふらつき)
・顎の痛み、だるさ、違和感
・首の痛み、だるさ、違和感
・肩こり
・肩の痛み、だるさ、違和感
・肩の運動制限(動きにくい、腕が上がらない、五十肩等々)
・腕の痛み(上腕、前腕)だるさ、違和感
・肘の痛み、だるさ、違和感
・手首の痛み、だるさ、違和感
・手、指の痛み、だるさ、違和感
・背中の痛み、だるさ、違和感
・腰痛、だるさ、違和感
・骨盤周りの痛み、だるさ、違和感
・臀部の痛み、だるさ、違和感
・股関節周りの痛み、だるさ、違和感
・膝の痛み、違和感
・足首の痛み、違和感
・足、指の痛み、だるさ、違和感
・太もも、ふくらはぎ等(大腿、下腿)の痛み、だるさ、違和感
・スポーツ障害
・慢性疲労
・慢性症状(慢性痛)

⁂ 痺れ(しびれ)の症状も、よくご相談がございますが、これは何が原因になっているのか、症状が出だしてからどれぐらいの期間が経っているのかなどで改善するか、しないかが大きく分かれます。
いずれにしましても、そうすんなりと簡単に改善することは、私の経験上あまりないと思います。

⁂ どのような症状であってもとりあえず、ご来院される前に一度、病院などの医療機関で受診されることを、お勧めいたします。
何か重篤な問題(疾患)が原因で、症状が出ている可能性もございますので。
特に重篤な問題(疾患)が原因でなければ大丈夫ですので、ご安心してご来院ください。


運動器の症状(整形外科的な問題)に対しては、ある程度の対応はしております。
しかし、これも状態によります。
施療方針のページにも少し書いておりますが、もう完全に器質的な問題にまで発展してしまっているものにおいては、かなり厳しいです。
力及ばず申し訳ないのパターンになる可能性が高いです。

あくまでも私が行っているのは手で行う徒手療法です。
神経・筋(軟部組織)・骨格(関節)系の「機能障害」が原因になっている症状を扱うことを得意としております。
なので基本、私の手の届く範囲のもの、動かせる範囲のものにしか対応することは出来ません。
神経生理学的なやり方(視覚(