脊柱模型

施療方針

はい、このページでは私なりの基本姿勢や、私に出来ること、私の考え方などを、お伝えしようと思います。

・基本姿勢

まず最初に、これは当たり前と言えば当たり前のことなのですが、施術において一番重要で忘れてはいけないこと、それは、

「まず第一は危害を与えないこと」

意外と、この業界では蔑ろにされがちなことなのです。

このホームページ上では誰が見ているか分かりませんので書きませんが、色々あります。

危ないです。

少なくとも私はこの「まず第一は危害を与えないこと」を常に、肝に銘じて施術を行っております。

その上で「有効な施術を行う」というのが、私の施術に対する基本姿勢であります。


・私に出来ること、私の考え

私が主にやっているのは予防医学(第1次プライマリーケア)としてのカイロプラクティック(徒手療法)を中心とした療術です。

基本的には神経・筋(軟部組織)・骨格(関節)系の「機能の改善」を得意としております。

ということは、これら神経・筋(軟部組織)・骨格(関節)系の「機能障害」が原因になっている症状に効果があるということです。

ですので基本的に、病院などで言われる「疾患」を治すというものではございません。

とは言え、たいてい私のところに来られる大半の方は、来られる前に病院等の医療機関で受診されておられます。(もちろん、そうしてもらうのがベストです、そうして下さい)

そうすると当然ながら「○○と言われました」「こういう説明を受けましたけど・・・」等々の、ご相談がございます。

ですので、特に運動器の疾患においては、ある程度ですが対応できるようにはしております。

しかし、もう完全に手術の対象になっているようなものであったり、変形しきった関節を元に戻すというような器質的な問題を解決することは不可能です。

いずれにしましても、私が行っているのは病気や疾患を治すものではなく、あくまでも「症状の改善・緩和」を目指すものでございます。

ですので基本的には、どのような疾患を持っておられても施術は可能です。

ただ症状が改善・緩和するかは正直、やってみなければ分かりませんので悪しからず。



そして、病院などの医療機関で診てもらったが、特に重篤な問題はなく、何となく医療機関で保存療法(リハビリ等)を受けているけど、イマイチ症状が改善しないという方は、ぜひ一度ご相談していただければと思います。

なぜなら、特に大きな問題はないが、何となく症状が改善しないというパターンの場合、機能的な問題が、その症状の原因になっていることが多いからです。



それとケア(予防)で施術を受けていただくということですが、このことに関しましては様々な考えや意見がございます。

私なりの考えを少々。

例えば「ケアを受けないからこうなったんです」「ケアを受けないとこうなりますよ~」というのは、ちょっと違う気がします。

絶対、受けなければいけないものではございません。

無理に受ける必要もございません。

ちょっとケアしたぐらいで良くなる症状なんて、何もしなくてもそのうち治まるだろというご意見も、ごもっともです。

実際、ケアなど受けなくても元気に日常生活を送っておられる方の方が圧倒的に多いです。


しかし私は、特に運動器の症状を主に診ておりますので、そのことで言わせていただきますと、事故や怪我などの外傷や、重篤な疾患を患わない限り、いきなり急に重篤で深刻な問題に陥ることは、ほとんどありません。

たいてい最初は「小さな機能障害」から始まるのです。

「マイクロトラウマ(小さな外傷)」から始まるのです。

この段階で病院などの医療機関で診てもらっても、おそらく何も出てこないでしょう。

症状も、そのうち治まるでしょう。


しかし「小さな機能障害」や「マイクロトラウマ(小さな外傷)」は、そのまま残ります。

そして、その「小さな機能障害」や「マイクロトラウマ(小さな外傷)」を繰り返し積み重ねることによって、知らず知らずのうちに状態が悪化してきます。

そして、徐々に深刻な症状となって表れてくるのです。


いよいよ深刻な症状が出だしてから慌てて「早く何とかしてくれ!」と言われましても、そう簡単にはいきませんよ。

だって、それだけ状態が悪くなっているのですから。


だったら最初の、まだそれほど症状が出ていない段階で、事前に「小さな機能障害」や「マイクロトラウマ(小さな外傷)」を取り除いて改善しておけばいいんじゃないですかということです。

それが「ケア(予防)」です。

そして私には、それが出来ます!ということです。

そもそも私がやっていることは予防医学(第1次プライマリーケア)ですので。


もちろん施術をすることだけが、ケア(予防)ではありません。

運動機能(特に筋力)の低下によって起きているものなら運動のアドバイスなどをさせてもらうのもケア(予防)になりますし、生活習慣の改善のアドバイスなどをさせてもらうのもケア(予防)になります。

心の持ちよう(考え方)を少し変えてもらうとかでもケア(予防)になると思います。


無理に受けて下さいとは言いません。

ただ受けて損はないと思います。

楽になりますよ(^^♪


⁂ 大まかな施療の流れを知りたい方は施療の流れのページをご覧ください。

たいなか施療室

住所:京都府長岡京市長岡2丁目25-33 カーサデルソーレ21 D-3号室

⁂ 駐車場はございません。
お近くのコインパーキングにて駐車をお願い致します。
当施療室があるマンションから約30歩ぐらい(時間にしたら2,30秒ぐらいかな)の所にございます、それ以外にも近くにございます。

⁂ 駐輪場は当施療室があるマンションの1階、契約車両専用の駐車スペースの敷地内にございます。
ホントは、ここも契約している(シールが貼ってある)バイク、自転車しかダメなのですが、1時間や2時間ぐらいなら駐輪してもいいとのことなので大丈夫です。

電話:090-5659-9982(施術中や出先の都合等々で、出られない場合が多々ございます。
その場合は大変申し訳ございませんが、おかけ直ししていただきますか、お急ぎでなければ、お問い合わせフォーム及び、メールやSMS(ショートメッセージ)にて、ご連絡していただきますと幸いです)

メール:shouju2006@gmail.com

料金:5,000円(相談無料、初回料、カウンセリング料、延長料金等々の追加料金などは一切ございません)⁂お支払い方法:現金のみです。

営業時間:10:00~20:00(最終受付19:00)

定休日:不定休

完全予約制(基本、当日予約は受け付けておりません:要相談)

⁂ 予約施術以外の時間は、外出しているか自宅兼事務所におりますので、当施療室には、ほとんどおりません。

予約施術以外のご用でお越しになられる場合につきましても、事前にご連絡していただきますよう宜しくお願い致します。